心の教室

 
心ってなんだろう? それはどこにあるのだろう…私がこの世に生まれてきたのには、何か意味があるのだろうか?

世界には紛争が絶えない国、貧困や飢餓が蔓延している国、自由がほとんどない国などがたくさん存在します。

私たち日本人は、それらの国と比較するならば、まだ“相当に”恵まれていると思います。(「まだ」と付けたのは、「だんだん悪くなっている感」を、私を含め皆さんもなんとなく感じているのではないか、と思ったからですが・・・)

世界的に恵まれている国に生まれたという「事実」に気づいたなら、そこから自然に出てくる感覚は「ありがたい・・・」です。

これが最も自然な「感謝」だと思います。
そして、この感謝の状態にあるとき、私たちの心は、その状態が続く限り満たされています。
今まで感じていた「分裂感」、つまり、不安感、恐怖感、絶望感、孤独感、怒り、哀しみなどが、スーッと消えてなくなっていることに気づけるはずです。

感謝とは「愛の感覚」を呼び覚ます「愛」そのものです。
それは「分裂感」の対極であり、「悟り」のひとつです。

「愛」よりも強力なエネルギーは、この宇宙には存在しません。

なぜならば、「愛」は「神」と同じ意味であり、同じものだからです。

日常の生活において「愛を意識すること」は、「神を意識すること」であり、それこそが「真の信仰」であるはずです。
なにかに「祈る」ことは自由であり、それはとても有効ですが、私が行っている探究からすると、祈りの究極形態とは「感謝」なのだそうです。
「どうか○○○になりますように…」と祈るより、「ありがとうございます・・・」と感謝してみる。
すると“結果として”願望が成就しやすくなるらしい…
不思議ですね・・・

【この道】の探究を続けていると、一般常識とかけ離れた「不思議」の数々に気づくことが可能になります。
それらは決して学校で習うことはないけれど、人生を生きる上で、とても豊かな「みのり」を与えてくれる【叡智】なのです。

個人的な話で恐縮ですが、私が【真理の探究】を始めたのは、カウンセラー養成スクールに入ってしばらくしてからでした。
35歳でしたので、20年も前のことです。
そのスクールにはいろいろな本があり、貸し出しもしていました。
最初は心理学の本ばかりを読んでいたのですが、ユングの「集合的無意識」という理論に出逢ってからは、だんだんとトランスパーソナル心理学やブリーフセラピーなどの「第4の心理学」の方向へとシフトし、最後は「精神世界(スピリチュアル)」に至ったのでした。
スピリチュアルとは「オカルト※」に属します。(※隠されたもの、という意味)
ですから、【この道】を進むためには、隠れた秘密を次々と発見する必要があります。(まるでインディージョーンズやハリーポッターみたいですね・笑)


心のカゼ・クリニックを2001年に開業してから、ますます私の探究は本格化しました。
だって「私は何のために生まれ、何のために生きているのですか?」という質問がされた場合、プロのサイコ・セラピストが答えられないなんて、自分が許せなかったからです。
カウンセリングをしていると、どんな質問が飛び出すかわかりません。
プロならば、それらすべてに答えられる準備ができていないとダメだ、と当時は本気で考えていましたし、今もそのように思っています。
開業して1年くらいは本当にヒマでした。
電話番をしながら、いまでいう「スピ本」を読み漁りました。
そして気づいたこと・・・
「ホンモノって意外と少ないんだ…」という事実・・・


ホンモノとニセモノの見わけかた
ホンモノの特徴

・文章を読んでいるうちに引き込まれる。
・泣ける、感動する、勇気が出る、癒される、
 エネルギーが湧いてくる。
・一貫性がある。
・誠実な文体である。
・わかりやすくてユーモアがある。
・押し付けない。
・自分で選択できるように仕向ける。

ニセモノの特徴

・読んでいるうちに、だんだんと飽きてくる。
・呼び覚まされる「ステキな感覚」がない。
・一貫性に欠ける。
・文体が荒く、なんとなくウソくさい。
・難解で、読んでいても頭に入ってこない。
 (当然ハートにも響かない)
・「こうしなさい」という押し付けが強い。
・「この道しかない!」などの言い切りが随所にみられる。
 (どこかの国の首相みたい…笑)

どうでしょうか。
このレクチャーが、少しは役に立ちそうでしょうか?
当然、この判別方法は「人間」や「宗教」にも当てはまります。
もしも「ニセモノ」を信じてしまうと悲惨ですよね・・・
そうならないための「極め付きのアドバイス」をもうひとつ!

なるべく多くの情報の中から、自身の直観(直感)を信じて選ぶこと。

自分の経験上、これ以上に確かなやり方はない、と思います。


こだわり

【心の教室】に限らず、私の【カウンセリング】も【お悩み相談】にも、スピリチュアルな表現が出てくると思います。
でも、それらは決して「宗教」ではありませんし、宗教を否定する気持ちは毛頭もありません。
また、スピリチュアル“だけ”では、このハードな世の中を渡っていくには限界があります。
どうしても「目の前の現実」という「リアル」から目を背けることはできないし、そこから抜け出して生きることなど不可能です。
スピリチュアルの探究を続けるうちに私が感じた最大・最難関の課題とは、理想(スピ)と現実(リアル)のギャップをどうやって埋めるか、でした。
いくら良い本やセミナーで「いい気持ち」になったとしても、日常という現実に戻った瞬間に、その感覚は霧散してしまう、という体験を私自身が何度も繰り返してきたからこそ、絶対にこのテーマを見逃すわけにはいきませんでした。

スピリチュアルは「意味」を読み取ることには極めて有効ですが、そのままを現実に当てはめようとすると、キビシイ現実にはねかえされてしまいます。
表現を変えるなら、現実は「愛」よりも「愛の不在」が勝っている、ということ。

そして試行錯誤を繰り返しながら、私なりに出した答えが「スピリアル理論」だったのです。
この理論を解説しようとすると、かなりのページ数が必要になるので、ここでは控えます。(ゴメンなさい・・・)
しかし、心のカゼ・クリニックの全てメニューには、この理論がベースとなっていますので、まずはどれかを体験してみてください。
いきなり【心の教室】を受講するよりも、まずは【カウンセリング】や【お悩み相談】を受けられて、私を見定めることをお勧めします。


システム

料金は全て税込表示です。

予約の有無 予約登録制。(10名様限定)
ご希望者が5名様に達した時点で順次スタートします。
授業時間 90分授業
週1回の月間4回制(5週あるときは5週目がお休みとなります)
クラス 月・水・金 午前クラス(10時~)と夜クラス(19時~)の計6クラス。
料金 月謝制(月のはじめの授業でお納めください)
一般:10,000円 
学生(小4~高3):8,000円 
65歳以上:8,000円 
生活保護受給者、各種障害保険受給者:6,000円
※受講したいけれどお支払いが困難な場合、遠慮なくご相談ください。できる限りのことはさせていただきます。
講座のテーマ(案) ・歪んだコミュニケーションに対抗する「愛のコミュニケーション」とは。
・真の「生きがい」を生み出すやり方とは。
・周囲に流されないで「自分」を生き切るるための気づきとは。
・「いじめ」に負けない、しなやかな(強いではない)自分の造り方。
・「子育て」を楽しむことができないお母さんの教室。
・人は死んだらどうなるのか?
・ストレスの減らし方。(事実、ストレスは自分が創っている・・・)
・「感情」のコントロールは難しいから、「思考」をコントロールする。
・世の中に蔓延し出した「ブラック」に抗って生きる。
・「不安」や「恐怖」の消し方。
・「孤独」の癒し方。
・「怒り」の鎮め方。
・許せない人間を許すには。(許さないでいると、ずっと自分が苦しむから)

「リクエスト」大歓迎です。取り上げてほしいテーマがあれば、どんどんメールをください。
※【心の教室】は5名様に達した時点でスタートし、10名様に達した時点で締め切ります。
「無料体験」も随時行っていますので、「予約フォーム」からお申込みください。


メールで質問する
月別予定表を見る
予約する
関連するお知らせを見る
心理カウンセラー・セラピストBLOG
うつから自分を救い出す具体的思考法


カウンセリング 詳細を見る

ロジャースの「来談者中心療法」をベースに、有効な「気づき」を引き出す様々なアプローチを試みます。事前の準備はまったく必要ありません。気をラクにして、あとはこの私にお任せください。

お悩み相談 詳細を見る

カウンセリングとの違いは、一通りお悩みを伺った後に、この瞬間に最も適切で効果的なアドバイスをピンポイントで行うことです。予約は必要ないので、思い立ったら気軽に受けに来てください。これぞコンビニエンス!

心の教室 詳細を見る

まとまった人数(1クラス・10名様)で行うため、料金設定はかなりリーズナブル。今まで「学校」では教えてもらえなかった【よりよい人生を送るための知恵の数々】を、楽しみながら学べます。



心のカゼ・クリニック

TEL.03-5640-3622 常時、留守電対応となりますので、なるべくメールをいただけると幸いです。 お問い合わせ ご予約

東京都世田谷区祖師谷4-24-21 富士薬局ビル2F
最寄り駅:小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅下車・徒歩9分

Copyright© 2016 – ‘2017’ kokoronokaze-clinic All Rights Reserved.